-古往今来-
中国古陶磁展Ⅹ
-In All Ages-
China Ceramic Exhibition Ⅹ

開催期間
平成29年9月21日(木)~9月30日(土)
Sep 21 (Thu.) to Sep 30 ( Sat.), 2017




ご挨拶▼

この度赤坂游ギャラリーでは十回目の中国古陶磁展を開催します。
北方に流れる黄河中流域の仰韶文化、下流域の竜山文化は五千年から三千年の歴史を持ち、南方に流れる揚子江流域に花開いた長江文明は黄河文明を凌ぐ七千年の歴史を有します。
陶磁史において仰韶文化は彩陶、竜山文化は黒陶に始まりますが、自然釉から人工的な灰釉、そして唐文化で花開く三彩(緑釉・褐釉・白釉)、宋時代の景徳鎮、定窯、南宋官窯で隆盛を極める青白磁、白磁、青磁、南宋の油滴、元の青化、明の赤絵、清の五彩と時代を経るごとに中国陶磁は多様な釉調、技法を生み出し、中国(China)の国名がそのまま陶磁器を指すほどにアラブ、西欧諸国の王侯貴族、日本の大名、寺社、豪商の垂涎の的となっていきました。
今回出品する青白磁獅子紐水注・承盤は中国陶磁窯の中でもひと際名高く海外にも多く輸出された北宋時代の景徳鎮窯の影青(青白磁)を代表的する形状の水注です。
また四点出品します石仏のなかには仏教文化を初めて中国に取り入れた北魏時代の特徴をよく現す仏頭があります。俗にアーモンド形の眼差しと言われ、石仏愛好者の垂涎の的です。
彼岸の候、初秋の一日を弊ギャラリーにて日本文化に多大な影響を与えた中国のいにしえの美をご堪能していただければ幸甚に存じます。


出品作品▼

緑釉犬(漢時代)、三彩貼花文壷(唐時代)、 青白磁獅子紐水注・承盤(宋時代 景徳鎮窯)、白釉黒花龍文瓶(宋~元時代 磁州窯)、白磁 囷(南宋時代)など古陶磁26点 北魏時代、北斉時代、隋時代、唐時代の石仏4点
計30点

 

画像をクリックすると作品の詳細が見られます If you want to know more about these works ,please click on the images.