カーソルを合わせると拡大します Move your mouse over image to enlarge.

白磁陽刻 虎鵲文筆筒 Brushpot,White PorcelainSold/売約済


李朝時代 18世紀 金沙里窯 Joseon Dynasty,18th century

武の象徴である虎が松の木にとまる平和の象徴鵲(かささぎ)を振り返り見上げる眼差しはユーモアーに溢れている。口径・高さとも大きく、文人が描いた水墨画を巻いて入れておく紙筒に使用されたとも思われる。口部の如意頭文とともに口部と底部は縄文の区分線で締められ、虎の背には陰刻で細かに文様が入り、磁肌は淡い青白、高台内の施釉はピンク色がかり、手に取ると蕩けるような感触が伝わる珠玉の陽刻文作品である。

W14.8×H17.8cm

【価格はお問い合わせください】

ご購入方法について How To Buy(英語)

お問い合わせはこちら Help/FAQ(英語)


クリックで画像を切替ることができます When you click the image , it will switch.