カーソルを合わせると拡大します Move your mouse over image to enlarge.

辰沙 面取草花文長頚壷 Beveled Vase with cinnabar


李朝時代 18世紀前半 18th century,Joseon Dynasty

白磁の上に銅を主成分とする呈色剤で文様を描き還元焼成された。これに18世紀前半の辰沙作品の特徴である青緑がかった釉が掛けられている。この期の白磁辰沙は壺と面取り瓶が作られたが39cmの当作品は最大級であろう。八角面は箆で一気に削られ、首の根元から口辺にかけて捻じってある。蘭の花弁部分は赤色、葉は緑色(窯変)を呈している“窯変辰沙”の希少性は、ついに色絵が出現しなかった李朝陶磁史においても貴重な作品である。

W19.0×H39.0cm

ご購入方法について How To Buy

お問い合わせはこちら Help/FAQ(英語)


クリックで画像を切替ることができます When you click the image , it will switch.